西山塗装株式会社 | 塗装・防水・リフォーム・アスベスト関連

055-224-3255

アスベスト対策工事

現在の表示位置

近年、建築物の天井等に耐火・防音・断熱材として広く用いられているアスベスト(石綿)の有害性が、大きな社会問題となっております。アスベストは、取り扱っている者だけではなく、周囲の人たちにも重大な健康被害を与えるといわれております。また、処理作業中には第三者への2次的公害の防止にも留意しなければなりません。
当社のアスベスト対策工事の歴史は、日本で最初に騒がれ出した昭和60年代に「安全・安心・快適な住空間の提供」を目指し、アスベスト対策分野に着手しました。
当社は長年の実績を生かし、安全・安心なアスベスト対策作業を行っております。調査・診断も含めご相談ください。

アスベスト対策工事

調査・見積り
調査・見積りは無料で行っております。お気軽にご相談ください。
分析
含有アスベスト定性分析
採取したアスベストの検体を、第三者検査機関により分析してもらい、有害アスベストの種類(定性分析)を正確に確認できます。費用は実費となります。
含有アスベスト定量分析
採取したアスベストの検体を、第三者検査機関により分析してもらい、有害アスベストの量(定量分析)を正確に確認できます。費用は実費となります。
アスベスト対策工事
(除去処理)
文字通り、石綿を完全に除去してしまい、環境汚染の原因を根本的に解決する工法です。
(封じ込め処理)
吹き付けられたアスベストに損傷が少なく剥離した状態が比較的少量の場合で、且つ、下地と吹付アスベストとの付着強度が十分である場合に、本工法が考えられます。
本エ法は、①浸透液を吹付け、アスベスト内部に含浸させてアスベストの繊維を固めた後、固化剤を吹付け表面を固めてアスベスト繊維を封じ込める方法です。
(囲い込み処理)
アスベストが吹き付けられてる面を、石膏ボード等により隠蔽する方法です。封じ込め処理と併用して行われることが多いです。

工事フロー

(施工計画・関係官庁届出)

工事を行うにあたり、全体の工事計画を作成します。また、工事に必要な届け出を行います。

資機材手配・搬入へ
(資機材手配・搬入)

工事に必要な資材・機材を手配し、工事場所へ搬入します。

石綿粉塵濃度測定 (施工前)へ
(石綿粉塵濃度測定 (施工前))

施工前の石綿粉塵濃度を測定します。

作業用足場仮設へ
(作業用足場仮設)

必要に応じ足場を仮設します。

作業区画の養生へ
(作業区画の養生)

作業区画から粉塵が飛散しないように養生を行います。

機材設置へ
(機材設置)

負圧除塵装置・セキュリティーゾーン・シャワールーム等を設置します。

飛散防止剤吹付へ
(飛散防止剤吹付)

アスベストの飛散を抑制するために、飛散防止剤を低圧のスプレーにより、除去面全面に吹き付けて十分に湿潤させます。

アスベスト除去へ
(アスベスト除去)

吹付アスベストを、スクレーパー・ケレン棒で隅々まで掻き落し、最後にブラッシングを行い残留したアスベストを落とします。

石綿粉塵濃度測定(施工中)へ
(石綿粉塵濃度測定(施工中))

施工中の石綿粉塵濃度を測定します。

清掃・アスベスト集積へ
(清掃・アスベスト集積)

真空掃除機で清掃し、除去したアスベストを専用廃棄袋に入れてあらかじめ定めておいた保管場所に集積します。

表面固化剤吹付へ
(表面固化剤吹付)

取り残しのないことを確認した後、専用表面固化剤を吹き付け、目に見えない微小残留アスベストを浸透固着させます。

養生撤去へ
(養生撤去)

養生を撤去します。撤去した養生も、専用廃棄袋に入れ、アスベスト廃棄物として処分します。

最終清掃へ
(最終清掃)

作業区画内全体を再度清掃します。

石綿粉塵濃度測定(施工後)へ
(石綿粉塵濃度測定(施工後))

施工後の石綿粉塵濃度を測定します。